【ABT】アボット・ラボラトリーズ

【ABT】アボット・ラボラトリーズ

このページでは、2021年6月18日現在のアボット・ラボラトリーズ(ABT)の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

アボット・ラボラトリーズ公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

アボット・ラボラトリーズ(ABT)の会社概要と株価

2021年6月18日現在、直近のアボット・ラボラトリーズ(ABT)の値動きと会社概要です。

※上記アボット・ラボラトリーズチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—アボット・ラボラトリーズ(ABT)の会社概要—

アボット・ラボラトリーズは、世界中でヘルスケア製品の探索、開発、製造、販売を行っています。膵外分泌機能不全、過敏性腸症候群または胆道けいれん、肝内胆汁症または抑うつ症状、婦人科疾患、ホルモン補充療法などの治療薬のジェネリック医薬品を提供しています。脂質異常症、高血圧症、甲状腺機能低下症、メニエール病・前庭性めまい、疼痛・発熱・炎症、片頭痛、抗感染症薬クラリスロマイシンのほか、インフルエンザワクチンや大腸の生理リズムを整える製品などを提供している。診断薬事業では、免疫測定、臨床化学、血液学、輸血などのラボラトリーシステム、患者検体からのDNA・RNAの抽出・精製・調製を自動化し、感染症の検出・測定を行う分子診断システムなどを提供している。血液分析用カートリッジ、迅速診断システム、HIV、インフルエンザA・B、RSV、ストレップAの分子ポイントオブケア検査、心代謝検査システム、薬物・アルコール検査システム、患者の遠隔モニタリングや消費者のセルフテストシステム、検査室で使用するためのインフォマティクスおよび自動化ソリューションなどを提供しています。栄養製品部門では、小児用および成人用の栄養製品を提供しています。医療機器事業では、心血管疾患治療のためのリズム管理、電気生理学、心不全、血管、構造心臓装置、慢性疼痛や運動障害の管理のための神経調節装置を提供しています。また、血糖値および血糖値モニタリングシステムも提供しています。アボット・ラボラトリーズは、タンデム糖尿病ケア社と統合型糖尿病ソリューションの開発と商品化に関する契約を締結しています。同社は1888年に設立され、イリノイ州ノースシカゴに本社を置く。

参考:seekingalpha

アボット・ラボラトリーズ(ABT)に関する直近のニュース


以下、アボット・ラボラトリーズ(ABT)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

アボット・ラボラトリーズ(ABT)の海外ニュース

アボット・ラボラトリーズ(ABT)の国内ニュース

アボット・ラボラトリーズ(ABT)に関する直近のツイート


以下、国内外のアボット・ラボラトリーズ(ABT)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

アボット・ラボラトリーズに関する国内のツイート

アボット・ラボラトリーズに関する海外のツイート

以上、アボット・ラボラトリーズ(ABT)に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 アボット・ラボラトリーズ(ABT)をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。