【AI】シースリー・エーアイ

【AI】シースリー・エーアイ

このページでは、2021年6月20日現在のシースリー・エーアイ(AI)の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

シースリー・エーアイ公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

シースリー・エーアイ(AI)の会社概要と株価

2021年6月20日現在、直近のシースリー・エーアイ(AI)の値動きと会社概要です。

※上記シースリー・エーアイチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—シースリー・エーアイ(AI)の会社概要—

C3.ai, Inc.は、企業向け人工知能(AI)ソフトウェア会社として運営しています。同社は、企業向けにSoftware-as-a-Serviceアプリケーションを提供しています。同社のソフトウェアソリューションには、エンタープライズAIアプリケーションの設計、開発、展開を可能にするプラットフォーム・アズ・ア・サービスのアプリケーション開発およびランタイム環境であるC3 AI Suiteと、業界固有およびアプリケーション固有のターンキーAIソリューションであるC3 AI Applicationsが含まれています。C3 AIアプリケーションには、原材料、仕掛品、完成品の在庫レベルを最適化するソリューション「C3 AI Inventory Optimization」、企業のサプライチェーン管理者向けにサプライチェーン業務全体の混乱リスクを可視化する「C3 AI Supply Network Risk」などがあります。アカウントエグゼクティブやリレーションシップマネージャーが、トランザクション情報、行動情報、文脈情報を用いて顧客満足度を監視し、AIをベースとした人間が解釈可能な予測と警告により、顧客の解約を防ぐための行動を取ることができる「C3 AI顧客解約管理」、生産スケジューリングのためのソリューション「C3 AI生産スケジュール最適化」、メンテナンスプランナーや機器オペレーターに資産リスクの洞察を提供する「C3 AI予知保全」、不正検知ソリューション「C3 AI不正検知」、エネルギー管理ソリューション「C3 AIエネルギー管理」を提供している。また、石油・ガス、化学、公益事業、製造、小売、銀行、金融サービス、インテリジェンス、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、テレコミュニケーション、製薬、スマートシティ、交通機関など、さまざまな市場セグメントに向けて、統合ターンキーエンタープライズAIアプリケーションを提供しています。C3.ai, Inc.は、主にヨーロッパ、アジア、米国の顧客にサービスを提供しています。石油・ガス市場の分野ではBaker Hughes、金融サービス市場の分野ではFIS、米国の防衛・情報コミュニティの分野ではRaytheon、顧客関係管理の分野ではMicrosoftとAdobeと戦略的なパートナーシップを結んでいます。同社は旧社名がC3 IoT, Inc.で、2019年6月にC3.ai, Inc.に社名を変更しています。C3.ai, Inc.は2009年に設立され、カリフォルニア州レッドウッドシティに本社を置く。

参考:seekingalpha

シースリー・エーアイ(AI)に関する直近のニュース


以下、シースリー・エーアイ(AI)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

シースリー・エーアイ(AI)の海外ニュース

シースリー・エーアイ(AI)の国内ニュース

シースリー・エーアイ(AI)に関する直近のツイート


以下、国内外のシースリー・エーアイ(AI)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

シースリー・エーアイに関する国内のツイート

シースリー・エーアイに関する海外のツイート

以上、シースリー・エーアイ(AI)に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 シースリー・エーアイ(AI)をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。