【AMAT】アプライド・マテリアルズ

【AMAT】アプライド・マテリアルズ

このページでは、2021年6月21日現在のアプライド・マテリアルズ(AMAT)の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

アプライド・マテリアルズ公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の会社概要と株価

2021年6月21日現在、直近のアプライド・マテリアルズ(AMAT)の値動きと会社概要です。

※上記アプライド・マテリアルズチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—アプライド・マテリアルズ(AMAT)の会社概要—

アプライド マテリアルズは、半導体、ディスプレイ、関連産業向けに製造装置、サービス、ソフトウェアを提供しています。アプライド マテリアルズは3つのセグメントで事業を展開しています。半導体システム、アプライド マテリアルズ グローバルサービス、ディスプレイおよび隣接市場の3つのセグメントで事業を展開しています。半導体システム事業は、半導体チップや集積回路を製造するための各種製造装置の開発・製造・販売を行っています。また、エピタキシー、イオン注入、酸化・窒化、急速熱処理、物理蒸着、化学蒸着、化学的機械的平坦化、電気化学蒸着、原子層蒸着、エッチング、選択的蒸着・除去などの各種技術や計測・検査装置を提供しています。アプライド・グローバル・サービス・セグメントは、半導体、ディスプレイ、その他の製品向けのスペア、アップグレード、サービス、旧世代の再製造装置、工場自動化ソフトウェアで構成される、装置と工場の性能と生産性を最適化するための統合ソリューションを提供しています。ディスプレイおよび隣接市場セグメントは、液晶ディスプレイ、有機発光ダイオード、およびテレビ、モニター、ラップトップ、パソコン、電子タブレット、スマートフォン、その他の消費者向け機器向けのその他のディスプレイ技術を製造するための製品と、フレキシブル基板を加工するための装置を提供しています。米国、中国、韓国、台湾、日本、東南アジア、欧州で事業を展開しています。アプライド マテリアルズ社は1967年に設立され、カリフォルニア州サンタクララに本社を置いています。

参考:seekingalpha

アプライド・マテリアルズ(AMAT)に関する直近のニュース


以下、アプライド・マテリアルズ(AMAT)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の海外ニュース

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の国内ニュース

アプライド・マテリアルズ(AMAT)に関する直近のツイート


以下、国内外のアプライド・マテリアルズ(AMAT)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

アプライド・マテリアルズに関する国内のツイート

アプライド・マテリアルズに関する海外のツイート

以上、アプライド・マテリアルズ(AMAT)に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 アプライド・マテリアルズ(AMAT)をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。