【ARK Investの特長と最新ニュース】各ETFの投資戦略、CEOキャシー・ウッドのコメント

【ARK Investの特長と最新ニュース】各ETFの投資戦略、CEOキャシー・ウッドのコメント

このページではARK Investの会社概要、国内外の最新ニュースや各ETFの投資戦略、CEOキャシー・ウッドのコメントをまとめています。
以下、ARK公式HPとあわせ、ARK InvestのETF選びの参考にしていただければ幸いです。

ARK Invest公式HP

ARK Investの会社概要と直近のニュース

ARK Investの概要

2014年に設立されたアーク・インベスト(アーク・インベストメント・マネジメントLLC)は、ニューヨークを拠点とする投資運用会社で、破壊的イノベーションへの洞察力の開発を目的とした投資運用・アドバイザリーサービスを提供しています。同社の投資運用・アドバイザリーサービスは、破壊的テクノロジーのリーダー、実現者、受益者に投資することでアルファを導き、幅広い市場指標との重複が少なく、顧客のポートフォリオの革新と多様化を可能にしている。

アークは、破壊的イノベーションにのみ焦点を当て、公共市場での長期的な成長を目指す投資家に投資ソリューションを提供しています。アークは、テーマ別投資において精密なレンズを持ち、経済セクターを横断し、世界の仕組みを変える技術的に可能なイノベーションを研究し、投資することを目指しています。

現在のテーマは、破壊的イノベーション、自律型技術とロボット、ゲノム革命、次世代インターネット、フィンテック・イノベーション、宇宙探査、モビリティ・アズ・ア・サービス、3Dプリンティング、イスラエル・イノベーション、クリプトカレンシーなどです。

ARK Investに関する直近のニュース

ARK Investの5つの破壊的ETFとその投資戦略


ARK Investはニューヨークを本拠地とし、アナリストの多くがテクノロジー企業などの出身者で構成されており、

世界は急速に変化しています。従来の投資家がベンチマークやパッシブ戦略に安全性を求めるのに対し、アークはこのような行動は逆効果であると考えています。イノベーションが混乱を引き起こし、従来の世界秩序に伴うリスクが増大しています。私たちは、イノベーションのペースに合わせた投資を心がけています。
引用:ARK INVEST “Not Your Traditional Investment Manager

といった、これまでのETFとは一線を画す”破壊的イノベーション”への投資に特化した新しいタイプのETFを提案する運用会社です。

2021年6月18日現在、ARK InvestのETFは5つのアクティブETF(ARKK、ARKQ、ARKW、ARKG、ARKF)と2つのインデックスETFから構成されており、5つの破壊的イノベーションについては日興アセットマネジメントでわかりやすく解説されていますのでご覧ください。。

引用:日興アセットマネジメント「ARKが考える破壊的イノベーション」

以下、5つのアクティブETF(ARKK、ARKQ、ARKW、ARKG、ARKF)と2つのインデックスETFをご紹介します。

ARKK(ARK Innovation ETF)

破壊的イノベーションに幅広く触れることを目的としています。アークは、人工知能、ロボティクス、エネルギー貯蔵、DNAシーケンス、ブロックチェーン技術を中心としたイノベーションが世界の仕組みを変え、産業の変革に伴って飛躍的な成長をもたらすと確信しています。
▶【ARKK】ARK Innovation ETFの詳細

ARKW(Next Generation Internet ETF)

人工知能、ディープラーニング、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、ブロックチェーン技術に触れる機会を提供しようとしています。これらのイノベーションは、世界が情報を管理し、データを分析し、商品を購入して消費し、世界中でコミュニケーションをとる方法を変えようとしています。
▶【ARKW】Next Generation Internet ETFの詳細

ARKG(Genomic Revolution ETF)

DNA配列決定技術、遺伝子編集、CRISPR、治療学、農業生物学、分子診断学への暴露を提供することを目的としている。これらの技術革新は、ヘルスケア、農業、医薬品、生活の質の向上などの再構築に役立つ可能性があります。
▶【ARKG】Genomic Revolution ETFの詳細

ARKQ(Autonomous Technology & Robotics ETF)

自律型モビリティ、電気自動車、ロボティクスと自動化、3Dプリンティング、宇宙探査などの分野に触れる機会を提供したいと考えています。これらの分野の進歩は、コストを削減し、製造、生産、インフラストラクチャを変革しながら、生産性を向上させています。
▶【ARKQ】Autonomous Technology & Robotics ETFの詳細

ARKF(Fintech Innovation ETF)

モバイル・ペイメント、デジタル・ウォレット、ピアツーピア・レンディング、ブロックチェーン技術、金融リスクの変革など、フィンテックのイノベーションに触れることを目的としています。これらのイノベーションは金融業界に革命をもたらし、世界経済のあらゆる分野に影響を与えます。
▶【ARKF】Fintech Innovation ETFの詳細

PRNT(The 3D Printing ETF)

アークは、3Dプリントは経済的に最も成長が期待できる産業の1つであり、製造業の風景を一変させると考えています。
3DプリンティングETF(PRNT)は、3Dプリンティング関連企業の株価の値動きを追跡することを目的とした「3Dプリンティング・インデックス」のパフォーマンスに、手数料・費用控除前のパフォーマンスに近い投資成果を提供することを目的としています。

IZRL(Israel Innovative Technology ETF)

アークは、イスラエルが革新的な製品やサービスの開発において世界のリーダーであると信じています。ヘルスケア、ライフサイエンス、製造業、電気通信など、様々な業界のイスラエル企業との交流ができます。
ARK イスラエル革新的テクノロジーETF (IZRL)は、ゲノミクス、ヘルスケア、バイオテクノロジー、工業、製造、インターネット、情報技術の分野で破壊的イノベーションを起こしているイスラエルの取引所上場企業の値動きを追跡するように設計されており、手数料と経費の前に、アーク・イスラエル革新指数のパフォーマンスと密接に対応する投資結果を提供することを目指しています。

CEOキャサリン・ウッド氏について

ARK Invest最高経営責任者、キャサリン・ウッド氏の経歴は以下の通りです。

  • 2014年1月に米国証券取引委員会に投資顧問としてARK Investment Management LLC(以下「ARK」)を登録。
  • ARK入社前は、AllianceBernsteinで12年間、Global Thematic Strategiesの最高投資責任者として50億ドルを運用。
  • 2000年に共同設立したヘッジファンド、Tupelo Capital Management からアライアンス・キャピタルに入社し、8億ドルのグローバル・テーマ戦略を運用。
  • それ以前はJennison Associates でチーフエコノミスト、エクイティリサーチアナリスト、ポートフォリオマネージャー、ディレクターとして 18 年間勤務。
  • カリフォルニア州ロサンゼルスのThe Capital Groupでアシスタントエコノミストとしてキャリアをスタート。
  • キャシーは1981年に南カリフォルニア大学で金融と経済学の理学士号を優等生の成績で取得。
  • The Best Investing Advice for 2019 for Fortune’s Experts From Fortune. 2018年、ブルームバーグの編集者は、ビジネス、エンターテインメント、金融、政治、テクノロジー、科学の各分野でグローバルビジネスを定義した人物の第2回ブルームバーグ50リストにキャシーを選出。
  • 2019年、フォーチュン誌は、毎年恒例の「フォーチュン・インベスターズガイド」の専門家による独占ラウンドテーブルにキャシーを指名。
  • 2016年、キャシーはマーケッツ・メディアの「Women in Finance – Outstanding Contribution Award」を受賞。


アーク・インベストメントCEO、キャシー・ウッド氏の直近のtweetを集めてみたので宜しければARKの最新の動向をご確認ください。

Load More...

以上、ARK Investの会社概要と投資戦略、最新ニュースと関連ツイートでした。ARK InvestのETFをご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。