【CRSP】CRISPRセラピューティクス

【CRSP】CRISPRセラピューティクス

このページでは、2021年6月18日現在のCRISPRセラピューティクス(CRSP)の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

CRISPRセラピューティクス公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

CRISPRセラピューティクス(CRSP)の会社概要と株価

2021年6月18日現在、直近のCRISPRセラピューティクス(CRSP)の値動きと会社概要です。

※上記CRISPRセラピューティクスチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—CRISPRセラピューティクス(CRSP)の会社概要—

遺伝子編集会社のCRISPR Therapeutics AGは、重篤なヒト疾患を対象としたトランスフォーメーティブな遺伝子ベースの医薬品の開発に注力しています。同社は、ゲノムDNAに精密な方向転換を可能にする遺伝子編集技術であるClustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeats (CRISPR)/CRISPR-associated Protein 9 (Cas9)を使用して製品を開発しています。同社は、ヘモグロビン病、がん、再生医療、希少疾患など、さまざまな疾患領域での治療プログラムのポートフォリオを有している。同社の主力製品候補であるCTX001は、輸血依存性ベータ・タラセミアや重症鎌状赤血球症の患者を対象としたex vivo CRISPR遺伝子編集治療薬であり、患者の造血幹細胞が赤血球中の胎児ヘモグロビンを高レベルで産生するように遺伝子操作されている。また、分化クラスター19陽性の悪性腫瘍を対象としたドナー由来の遺伝子改変型同遺伝子CAR-T療法であるCTX110の開発も進めている。また、多発性骨髄腫を対象としたB細胞成熟化抗原を標的としたCTX120、固形がんや血液悪性腫瘍を対象としたCTX130の同種CAR-Tプログラムを開発中である。また、糖尿病を対象とした再生医療プログラム、グリコーゲン貯蔵疾患Ia、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、嚢胞性線維症を対象としたin vivo等の遺伝子疾患プログラムの開発にも取り組んでいる。同社は、Bayer Healthcare LLC、Vertex Pharmaceuticals Incorporated、ViaCyte, Inc.と戦略的パートナーシップを結んでいる。CRISPR Therapeutics AGはスイスのツークに本社を置く。

参考:seekingalpha

CRISPRセラピューティクス(CRSP)に関する直近のニュース


以下、CRISPRセラピューティクス(CRSP)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

CRISPRセラピューティクス(CRSP)の海外ニュース

CRISPRセラピューティクス(CRSP)の国内ニュース

CRISPRセラピューティクス(CRSP)に関する直近のツイート


以下、国内外のCRISPRセラピューティクス(CRSP)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

CRISPRセラピューティクスに関する国内のツイート

CRISPRセラピューティクスに関する海外のツイート

以上、CRISPRセラピューティクス(CRSP)に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 CRISPRセラピューティクス(CRSP)をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。