【HON】ハネウェル・インターナショナル

【HON】ハネウェル・インターナショナル

このページでは、2021年6月21日現在のハネウェル・インターナショナル(HON)の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

ハネウェル・インターナショナル公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

ハネウェル・インターナショナル(HON)の会社概要と株価

2021年6月21日現在、直近のハネウェル・インターナショナル(HON)の値動きと会社概要です。

※上記ハネウェル・インターナショナルチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—ハネウェル・インターナショナル(HON)の会社概要—

ハネウェル・インターナショナル社は、世界中で多角的な技術と製造を行う企業として事業を展開しています。航空宇宙部門では、補助電源ユニット、推進エンジン、統合アビオニクス、環境制御および電力システム、エンジン制御、飛行安全、通信、ナビゲーションハードウェア、データおよびソフトウェアアプリケーション、レーダーおよび監視システム、航空機照明、高度なシステムおよび計器、衛星および宇宙コンポーネント、航空機の車輪およびブレーキ、スペアパーツ、修理、オーバーホール、メンテナンスサービス、サーマルシステム、アフターマーケット向けコネクテッドソリューションおよびデータサービス、ワイヤレス接続、管理および技術サービスを提供しています。ハネウェル・ビルディング・テクノロジーズ・セグメントは、建物の制御と最適化のための高度なソフトウェア・アプリケーション、エネルギー管理のためのセンサー、スイッチ、制御システム、機器、アクセス制御、ビデオ監視、火災製品、遠隔患者監視システム、電子冷却熱伝達剤、システムの設置、メンテナンス、アップグレードなどを提供しています。Performance Materials and Technologiesセグメントでは、自動制御、計装、ソフトウェアおよび関連サービス、触媒、吸着剤、装置、コンサルティング、最終製品の製造に使用される材料(防弾装甲、ナイロン、コンピュータチップ、医薬品包装など)、およびHoneywellのフォージ・コネクテッド・ソリューションを提供しています。同社の安全性および生産性ソリューション部門は、個人用保護具、アパレル、ギア、フットウェア、ガス検知技術、クラウドベースの通知および緊急メッセージング、モバイル機器およびソフトウェア、サプライチェーンおよび倉庫自動化機器およびソフトウェアとソリューション、カスタム設計のセンサー、スイッチ、制御、ソフトウェアベースのデータおよび資産管理の生産性ソリューションを提供しています。Signify社と戦略的提携を結んでいる。同社は1985年に設立され、ノースカロライナ州シャーロットに本社を置いています。

参考:seekingalpha

ハネウェル・インターナショナル(HON)に関する直近のニュース


以下、ハネウェル・インターナショナル(HON)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

ハネウェル・インターナショナル(HON)の海外ニュース

ハネウェル・インターナショナル(HON)の国内ニュース

ハネウェル・インターナショナル(HON)に関する直近のツイート


以下、国内外のハネウェル・インターナショナル(HON)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

ハネウェル・インターナショナルに関する国内のツイート

ハネウェル・インターナショナルに関する海外のツイート

以上、ハネウェル・インターナショナル(HON)に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 ハネウェル・インターナショナル(HON)をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。