【LRCX】ラムリサーチ

【LRCX】ラムリサーチ

このページでは、2021年6月20日現在のラムリサーチ(LRCX)の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

ラムリサーチ公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

ラムリサーチ(LRCX)の会社概要と株価

2021年6月20日現在、直近のラムリサーチ(LRCX)の値動きと会社概要です。

※上記ラムリサーチチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—ラムリサーチ(LRCX)の会社概要—

ラム リサーチ コーポレーションは、世界中で集積回路の製造に使用される半導体処理装置の設計、製造、販売、改修、サービスを行っています。同社は、タングステンメタライゼーション用のコンフォーマル膜を成膜するALTUS装置、銅ダマシン製造用の電気化学成膜装置SABRE、膜処理用の紫外線熱処理装置SOLA、プラズマ強化CVD ALD装置VECTORを提供しています。また、ギャップフィル高密度プラズマ化学気相成長(HDP-CVD)製品「SPEEDギャップフィル」、複数の誘電体膜ソリューションを提供するALD製品「ストライカー」を提供しています。さらに、誘電体エッチング用のFlex、導体エッチング用のKiyo、シリコン貫通電極エッチング用のSyndion、金属エッチングプロセス用のVersysメタル製品を提供しています。さらに、ダイの歩留まりを向上させるCoronusベベルクリーン製品、ウェーハ洗浄アプリケーションに対応するDa Vinci、DV-Prime、EOS、SP、半導体ウェーハ製造における高精度インライン質量測定用のMetryx質量測定システムを提供しています。Lam Research Corporationは1980年に設立され、カリフォルニア州フリーモントに本社を置いています。

参考:seekingalpha

ラムリサーチ(LRCX)に関する直近のニュース


以下、ラムリサーチ(LRCX)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

ラムリサーチ(LRCX)の海外ニュース

ラムリサーチ(LRCX)の国内ニュース

ラムリサーチ(LRCX)に関する直近のツイート


以下、国内外のラムリサーチ(LRCX)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

ラムリサーチに関する国内のツイート

ラムリサーチに関する海外のツイート

以上、ラムリサーチ(LRCX)に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 ラムリサーチ(LRCX)をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。