【MSFT 】マイクロソフト

【MSFT 】マイクロソフト

このページでは、2021年9月23日現在のマイクロソフト(MSFT )の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

マイクロソフト公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

マイクロソフト(MSFT )の会社概要と株価

2021年9月23日現在、直近のマイクロソフト(MSFT )の値動きと会社概要です。

※上記マイクロソフトチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—マイクロソフト(MSFT )の会社概要—

Microsoft Corporationは、世界中でソフトウェア、サービス、デバイス、ソリューションの開発、ライセンス、サポートを行っています。生産性・ビジネスプロセス部門では、Office、Exchange、SharePoint、Microsoft Teams、Office 365 Security and Compliance、Skype for Business、および関連するクライアントアクセスライセンス(CAL)、Skype、Outlook.com、OneDrive、LinkedIn、そして中小企業、大規模組織、企業部門向けのクラウドベースおよびオンプレミスのビジネスソリューションであるDynamics 365を提供しています。インテリジェントクラウド事業では、SQLやWindows Server、Visual Studio、System Centerおよび関連CAL、開発者向けのコラボレーションプラットフォームやコードホスティングサービスを提供するGitHub、クラウドプラットフォームのAzureなどのライセンスを提供しています。また、マイクロソフトのサーバーやデスクトップソリューションの開発、導入、管理を支援するサポートサービスやマイクロソフトのコンサルティングサービス、開発者やIT専門家を対象とした各種マイクロソフト製品のトレーニングや認定を提供しています。More Personal Computing セグメントでは、Windows の OEM (Original Equipment Manufacturer) ライセンスやその他の Windows オペレーティングシステムの非量産ライセンス、Windows オペレーティングシステムや Windows クラウドサービス、その他の Windows 商用製品の量産ライセンスなどの Windows 商用ライセンス、特許ライセンス、Windows Internet of Things、MSN 広告などを提供しています。また、Surface、PCアクセサリ、PC、タブレット、ゲーム機やエンターテイメントコンソールなどのデバイス、XboxハードウェアやXboxコンテンツ、サービスなどのゲーミング、ビデオゲームやサードパーティ製ビデオゲームのロイヤリティ、BingやMicrosoftの広告などの検索なども提供しています。また、OEM、販売代理店、再販業者、デジタルマーケットプレイス、オンラインストア、小売店を通じて直接製品を販売しています。また、DXCテクノロジーとの戦略的提携も行っています。同社は1975年に設立され、ワシントン州レドモンドに本社を置いています。

参考:seekingalpha

マイクロソフト(MSFT )に関する直近のニュース


以下、マイクロソフト(MSFT )に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

マイクロソフト(MSFT )の海外ニュース

マイクロソフト(MSFT )の国内ニュース

マイクロソフト(MSFT )に関する直近のツイート


以下、国内外のマイクロソフト(MSFT )・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

マイクロソフトに関する国内のツイート

マイクロソフトに関する海外のツイート

以上、マイクロソフト(MSFT )に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 マイクロソフト(MSFT )をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。