ビットメインがマラソンデジタルホールディングスに6,300台のアントマイナーS-19プロASICマイナーを追加出荷

ビットメインがマラソンデジタルホールディングスに6,300台のアントマイナーS-19プロASICマイナーを追加出荷

MARAついて非常に興味深いNEWSを見つけましたので自分用のメモとして翻訳してみました。(元の記事はこちら

MARAホルダーの方は以下、

【MARA】マラソン・デジタル・ホールディングス

とあわせて銘柄分析にご活用ください。

6,300台のアントマイナーS-19プロASICマイナーを追加出荷

北米最大級のエンタープライズ・ビットコインセルフマイニング企業であるマラソン・デジタル・ホールディングスは本日、北米最大級のエンタープライズ・ビットコインセルフマイニング企業の1つであるマラソン・デジタル・ホールディングス(以下「マラソン」または「当社」)は、当社のマイニング・フリートが3月末までに約1.4EH/s(毎秒エクサハッシュ)を生成すると発表しました。

2021年2月1日、マラソンは、ビットメインが約4,000台のS-19 Pro ASICマイニング機を、MT州ハーディンにある当社のマイニング施設に出荷したことを発表しましたが、そのすべてが予定通りに納品されました。

ビットメインは、2月にハーディン施設に納入された最初の4,000マイナに加えて、最近ハーディンに6,300マイナを出荷しました。

この新しい出荷の一部はすでに受領済みで、設置も進んでいます。マラソンは、3月末までに10,300台のマイナ ーがすべて設置されると予想しており、その時点で当社のマイニングフリートは12,920台のマイナ ーで構成され、約1.4EH/sの発電量となります。

“先月、ビットメイン社から2021年に納入される予定の大規模な出荷の第一弾を受領しました」と、マラソン会長兼CEOの岡本メリック氏は述べています。

“先月、ビットメインから2021年に出荷される予定のいくつかの大規模な出荷の第一弾を受領しました」と、マラソン会長兼CEOのメリック・オカモトは述べています。

最初の4,000台のBitmainマイナ ーが予定通りハーディン施設に納品され、次の6,300台のマイナ ーも予定通りに出荷されたことを非常に心強く思います。

4月には追加の4,800鉱石が出荷される予定で、今後も引き続きマイニング事業を構築し、計画通りに事業を拡大していきたいと考えています。

投資家の皆様へのお知らせ

当社の有価証券への投資には、高度なリスクが伴います。投資判断を行う前に、2019年12月31日に終了する会計年度の当社の最新の年次報告書(フォーム10-K)の項目1Aの「リスク要因」に記載されているリスク、不確実性、および将来の見通しに関する記述を慎重に検討する必要があります。

これらのリスクのいずれかが発生した場合、当社の事業、財務状況または業績に影響を及ぼす可能性があります。

その場合、当社の有価証券の価値が下落し、お客様は投資の一部または全部を失う可能性があります。当社が記載しているリスクや不確実性は、当社が直面している唯一のものではありません。

当社が現在把握していない、または現在重要でないと判断した追加的なリスクも、当社の事業運営に影響を及ぼす可能性があります。

さらに、当社の過去の財務実績は将来の業績を示す信頼できる指標ではない可能性があり、過去の傾向は将来の業績を予測するために使用すべきではありません。

また、ネットワーク全体のマイニング難易度やビットコインのハシュレートの将来的な変化は、マラソンのビットコイン生産の将来のパフォーマンスに重大な影響を与える可能性があります。さらに、財務指標のすべての議論は、2021年3月時点での採掘難易度を想定しています。以下の「セーフハーバー」を参照してください。

将来の見通しに関する記述

本プレスリリースに記載された記述には、1933年証券法第27A条(改正後)および1934年証券取引所法第21E条の意味における将来の見通しに関する記述が含まれています。

将来の見通しに関する記述は、「可能性がある」、「予定している」、「計画している」、「すべきである」、「期待している」、「予想している」、「予想している」、「推定している」、「継続している」、またはこれらに類する用語の使用によって識別することができます。

このような将来の見通しに関する記述は、本質的に一定のリスク、傾向、不確実性を伴うものであり、その多くは当社が正確に予測することができないものであり、また、当社が予測すらしていない可能性があり、実際の結果が予測または示唆されたものと大幅に異なる可能性がある要因を含んでいます。

読者の皆様におかれましては、これらの将来の見通しに関する記述に過度に依存しないようご注意いただき、上記の要因を、当社のフォーム10-Kの年次報告書(フォーム10-Qの四半期報告書で補足または修正される場合があります)の「リスク要因」の見出しの下に記載されている追加要因と合わせて考慮することをお勧めします。

当社は、その後の事象、新たな情報、またはその他の理由により真実でなくなった将来の見通しに関する記述を更新したり、補足したりする義務を負うものではありません。

マラソンデジタルホールディングスについて

マラソンは、ブロックチェーンエコシステムとデジタルアセットの生成に焦点を当てて、クリプトカラントを採掘するデジタルアセットテクノロジー企業です。
*** DeepL翻訳(www.DeepL.com/Translator)で翻訳しました。 ***