【SMH】VanEck Vectors Semiconductor ETF

【SMH】VanEck Vectors Semiconductor ETF

このページでは、2021年9月21日現在のSMH(VanEck Vectors Semiconductor ETF)の株価やファンドの説明・目的、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

VanEck公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

SMHのファンド概要と株価

2021年9月21日現在、直近のSMHの値動きとファンド概要・目的となります。

※上記VanEck Vectors Semiconductor ETFチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—ファンドの概要・目的—

VanEck Vectors ETF Trust – VanEck Vectors Semiconductor ETFは、Van Eck Associates Corporationによって立ち上げられ、管理されている取引所取引型ファンドです。これは、米国の公開株式市場に投資します。このファンドは、情報技術、半導体、半導体装置の各セクターで事業を展開している企業の株式に投資しています。当ファンドは、時価総額が多様化している企業の成長株やバリュー株に投資しています。当ファンドは、フルレプリケーション手法を用いて、MVIS米国上場半導体25指数のパフォーマンスを追跡することを目指しています。VanEck Vectors ETF Trust – VanEck Vectors Semiconductor ETFは2000年5月4日に組成され、米国に居住しています。
この投資は、MVIS®米国上場半導体25指数の価格と利回りのパフォーマンスを、手数料と費用の前で可能な限り忠実に再現することを目指しています。当ファンドは通常、総資産の80%以上を当ファンドのベンチマーク・インデックスを構成する証券に投資します。このインデックスには、半導体業界の米国取引所上場企業の普通株式および預託証券が含まれています。このような企業には、米国の取引所に上場している中堅企業や外国企業が含まれます。当ファンドは分散型ではありません。

参考:seekingalpha

SMH(VanEck Vectors Semiconductor ETF)の構成銘柄

直近のVanEck Vectors Semiconductor ETFの構成銘柄TOP10は以下のとおりです。(※最新の構成銘柄は公式URLでご確認ください。)

Taiwan Semiconductor Manufacturing Co Ltd ADR 14.31%
NVIDIA Corp 6.47%
ASML Holding NV ADR 5.52%
Intel Corp 5.19%
Broadcom Inc 5.07%
Texas Instruments Inc 4.77%
Qualcomm Inc 4.69%
Applied Materials Inc 4.64%
Micron Technology Inc 4.62%
Advanced Micro Devices Inc 4.47%

※1/19/2021現在の情報です

ファンドの詳細

運用会社 VanEck
開始日 12/20/2011
経費率 0.35%
運用資産額 $5.13B

SMHに関する直近のニュース


以下、VanEck Vectors Semiconductor ETF(SMH)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

SMHの海外ニュース

SMHの国内ニュース

    Feed has no items.

VanEck Vectors Semiconductor ETF(SMH)に関する直近のツイート


以下、国内外のVanEck Vectors Semiconductor ETF(SMH)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

SMHに関する国内のツイート

SMHに関する海外のツイート

以上、話題のETF【SMH】に関する最新ニュースと関連ツイートでした。投資先の1つとしてSMHをご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。