【VZ】ベライゾン・コミュニケーションズ

【VZ】ベライゾン・コミュニケーションズ

このページでは、2021年6月18日現在のベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

ベライゾン・コミュニケーションズ公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の会社概要と株価

2021年6月18日現在、直近のベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の値動きと会社概要です。

※上記ベライゾン・コミュニケーションズチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の会社概要—

ベライゾン・コミュニケーションズ社は、世界中の消費者、企業、政府機関に通信、情報、エンターテイメント製品やサービスを提供しています。消費者部門では、ポストペイドおよびプリペイドのサービス・プラン、ノートパソコンやタブレットでのインターネット接続、スマートフォンやその他の携帯電話などのワイヤレス機器、タブレット、ノートパソコン、ネットブックなどのワイヤレス対応インターネット機器、スマートウォッチやその他のウェアラブルなどのワイヤレス対応接続機器を提供しています。また、インターネット、ビデオ、音声サービスなどの家庭用固定接続ソリューションの提供、モバイル仮想ネットワーク事業者へのネットワークアクセスの販売も行っています。2019年12月31日現在、ワイヤレスリテール接続数は約9500万件、ブロードバンド接続数は約600万件、Fiosビデオ接続数は約400万件となっている。同社のビジネスセグメントは、プライベートネットワーキング、プライベートクラウド接続、仮想およびソフトウェア定義ネットワーキング、インターネットアクセスサービスなどのネットワーク接続製品、インターネットプロトコルベースの音声サービス、ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーションツール、カスタマーコンタクトセンターソリューションを提供している。また、一連の管理およびデータセキュリティサービス、音声通話、メッセージングサービス、会議、コンタクトセンターソリューション、専用線およびデータアクセスネットワークなどの国内およびグローバルな音声およびデータソリューション、顧客構内機器、設置、保守、サイトサービス、IoT製品およびサービスも提供しています。このセグメントの無線リテールポストペイド接続数は2,500万件、ブロードバンド接続数は48万9,000件でした。同社は、HERE TechnologiesやDignitas、5G Ultra Wideband対応のユースケースを開発・テストするエモリーヘルスケア、BuzzFeedと戦略的パートナーシップを結んでいる。同社は以前はBell Atlantic Corporationとして知られていたが、2000年6月にVerizon Communications Inc.に社名を変更した。同社は1983年に設立され、ニューヨーク州ニューヨークに本社を置く。

参考:seekingalpha

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)に関する直近のニュース


以下、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の海外ニュース

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の国内ニュース

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)に関する直近のツイート


以下、国内外のベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

ベライゾン・コミュニケーションズに関する国内のツイート

ベライゾン・コミュニケーションズに関する海外のツイート

以上、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。