【ZM】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ

【ZM】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ

このページでは、2021年6月18日現在のズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)の会社概要と株価

2021年6月18日現在、直近のズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)の値動きと会社概要です。

※上記ズーム・ビデオ・コミュニケーションズチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)の会社概要—

Zoom Video Communications, Inc.は、アメリカ大陸、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東、アフリカでビデオファーストの通信プラットフォームを提供しています。同社の製品ポートフォリオには、モバイルデバイス、デスクトップ、ラップトップ、電話機、会議室システムを介してHDビデオ、音声、チャット、コンテンツの共有を提供するZoom Meetings、安全なコールルーティング、コールキューイング、コール詳細レポート、通話録音、通話品質監視、ボイスメール、ビデオへの切り替え、その他のサービス、およびインバウンドおよびアウトバウンド通話サービスを提供する企業向けクラウド電話システムであるZoom Phone、会議や電話の顧客向けにデスクトップ、ラップトップ、タブレット、モバイルデバイスでメッセージ、画像、オーディオファイル、コンテンツを共有できるZoom Chatなどがあります。また、ソフトウェアベースの会議室システム「Zoom Rooms」、SIP/H.323エンドポイントがZoom会議に参加するためのゲートウェイ「Zoom Conference Room Connector」、タウンホールミーティングやワークショップ、マーケティングプレゼンテーションなどの大規模なオンラインイベントの実施を可能にする「Zoom Video Webinars」を提供している。また、同社は、開発者がそのビデオ、電話、チャット、およびコンテンツ共有を他のアプリケーションに統合するだけでなく、Zoomアカウントを管理することができます開発者のためのZoomを提供し、Zoom App Marketplaceは、開発者が自分のアプリを公開するために強化します。それは、教育、エンターテイメント/メディア、エンタープライズインフラストラクチャ、金融、政府、ヘルスケア、製造、非営利/非営利と社会的影響、小売/消費者製品、およびソフトウェア/インターネット産業だけでなく、個人を提供しています。Zoom Video Communications, Inc.はServiceNowと提携しています。同社は旧社名をZoom Communications, Inc.とし、2012年5月にZoom Video Communications, Inc.に社名を変更しました。Zoom Video Communications, Inc.は2011年に設立され、カリフォルニア州サンノゼに本社を置いています。

参考:seekingalpha

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)に関する直近のニュース


以下、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)の海外ニュース

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)の国内ニュース

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)に関する直近のツイート


以下、国内外のズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズに関する国内のツイート

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズに関する海外のツイート

以上、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。