【ZS】ジースケイラー

【ZS】ジースケイラー

このページでは、2021年9月22日現在のジースケイラー(ZS)の株価や会社概要、国内外の最新ニュースや関連ツイートをまとめています。以下の公式HPとあわせて銘柄分析にご活用ください。

ジースケイラー公式HP

※USストックス.jpは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではなく具体的な銘柄分析やアドバイス、管理人の個人的見解は掲載しておりません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

ジースケイラー(ZS)の会社概要と株価

2021年9月22日現在、直近のジースケイラー(ZS)の値動きと会社概要です。

※上記ジースケイラーチャートはTradingView提供のアドバンスドチャートウィジェットとなります。

—ジースケイラー(ZS)の会社概要—

Zscaler, Inc.は、クラウドセキュリティ企業として世界中で事業を展開しています。同社は、SaaS(Software-as-a-Service)アプリケーションやインターネット接続先を含む外部管理アプリケーションへのユーザー、サーバー、運用技術、モノのインターネット、デバイスからのセキュアなアクセスを提供するZscaler Internet Accessソリューションと、データセンターで社内ホストされている社内管理アプリケーションやプライベートクラウド、パブリッククラウドへのアクセスを提供するZscaler Private Accessソリューションを提供しています。また、主要なビジネスアプリケーションのエンドツーエンドのユーザーエクスペリエンスを測定する「Zscaler Digital Experience」も提供しており、企業内のユーザー、アプリケーション、場所ごとにデジタルエクスペリエンスのスコアをわかりやすく提供しています。また、SaaS、Infrastructure as a Service、Platform as a Serviceにおけるアプリケーションの誤設定を特定して修正し、リスクを軽減し、業界や組織のベンチマークに準拠したコンプライアンスを確保する「Zscaler Cloud Security Posture Management」、パブリッククラウドやデータセンター内のアプリケーション間の通信をセキュアにして横方向の脅威の動きを止め、アプリケーションの漏洩を防ぎ、データ漏洩のリスクを軽減する「Zscaler Cloud Workload Segmentation」で構成されるワークロード・セグメンテーション・ソリューションも提供しています。そのプラットフォームには、Zscaler Central Authority、Zscaler Enforcement Node、Zscaler Nanolog Serverモジュールが含まれています。Zscaler, Inc.は、航空・運輸、コングロマリット、消費財・小売、金融サービス、ヘルスケア、製造、メディア・通信、公共部門・教育、テクノロジー、通信サービスなど、さまざまな業界の顧客にサービスを提供しています。同社は以前はSafeChannel, Inc.として知られていましたが、2008年8月にZscaler, Inc.に社名を変更しました。Zscaler, Inc.は2007年に設立され、カリフォルニア州サンノゼに本社を置いています。

参考:seekingalpha

ジースケイラー(ZS)に関する直近のニュース


以下、ジースケイラー(ZS)に関するニュース(海外と国内)をピックアップしてみたので直近の動向をご確認ください。

ジースケイラー(ZS)の海外ニュース

ジースケイラー(ZS)の国内ニュース

ジースケイラー(ZS)に関する直近のツイート


以下、国内外のジースケイラー(ZS)・ホルダーを中心に関連ツイートを集めてみたのでご活用ください。

※ツイートは3時間ごとに更新されます。最下部の「Load More…」をタップいただければ遡って関連ツイートを無制限にご覧いただけます。

ジースケイラーに関する国内のツイート

ジースケイラーに関する海外のツイート

以上、ジースケイラー(ZS)に関する最新ニュースと関連ツイートでした。 ジースケイラー(ZS)をご検討中の方の参考になれば幸いです。

免責事項
本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいて損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。